Saturday, January 22, 2022

大相模調節池の水辺活用説明会参加報告

  急な連絡があり、1月22日(土)18:30-20:00に水辺のまちづくり館にて開催されました上記説明会に参加しましたので、以下報告します。なお、配布資料は別添のとおり。

 資料3のように、池の東側東屋から南側桟橋までなんらかの公共事業予算を確保し、営業を認める代わりにその管理を民間事業者に任せようというPFIに準拠した計画です。当方から進め方について拙速の意見を出しましたが、検討されずこのまま市の思惑通りに進められてしまいそうな懸念です。

 協議会設立が既定路線であり、不参加は同意とみなされる懸念もあることから、協議会について当自治会からも参加し、意見具申していきます。

1. 説明者 越谷市経営振興課長、同課 吉川、観光協会中村

2. 参加者 レイクタウン内自治会代表、北自治会、中村、青木、紺野(記)

3. 内容

・今般勉強会を開催した結論として、県の「水辺deベンチャーチャレンジ」(以下「県事業))に登録できて、水辺の商業利用が可能となった。ついては、どのような施設やサービス、仕組みがまちづくりにとって有効か協議会を設立して考えていきたい。

・資料のとおり。お願いとして、北自治会には、今後設立される「協議会」への参加と「住民アンケート」「ワークショップ」のお知らせについてご協力いただきたい。

4. 質疑応答

Q)勉強会に住民や地元商業が入っていないのはなぜか。

A)まず、そもそも何をするかからの模索で、行政の内部検討という意識だった。やるタイミングや内容を煮詰めていく必要があった。

Q)勉強会で検討するにしても、異動が頻繁な行政職には知見の積み重ねもなく、ポテンシャル把握は不可能ではないか。どのように検討していったのか。

A)特にコンサルや専門家は入れていない。制度的な部分と事業者や団体へのヒアリング(イオン、JTB、ポラスなど。後日抜粋版について公表する)を実施し、県事業が適しているということで、1月に登録された。

Q)そもそも、レイクの観光地化に合意形成は至っていない。観光公害が懸念されて、問題も生じている。住民としてもこれ以上の観光化は不必要であり静かで穏やかな環境を求める声も多い。この点、観光地化交流人口拡大政策ありきで進めていくことに問題はないか。

A)レイクの観光地化が主眼ではなく、よりよいまちづくりが目的である。この枠組を使用して、どのような施設やサービスがあればよりよいまちになるかを関係者が集まって協議会で話し合ってすりあわせしていきたい。

Q)県事業の範囲は。また、住民組織として自治会だけでなく、管理組合も参加させて欲しい。

A)今般は、北池部分。よって、自治会としては、北、美季、美環、Dグラの各自治会に協議会に参加願いたい。管理組合については検討する。

Q)協議会の事業の位置づけについて。意見を述べてそれが行政の意思決定になんら影響を及ぼさない、言いっぱなし機関であればただの話し合いのアリバイづくりになるのではないか。協議会での意見により行政を拘束する何らかの権限があるのか。

A)協議会は、県事業遂行には必須要素。意見のすり合わせであり調整機関。仕組みや権限については、今後検討する。

Q)2月に住民アンケートを実施してニーズを図り、5月に民間事業者を募集するという予定は、あまりにも拙速すぎないか。まちづくりについて意識の醸成がなされていないまま、何が欲しいかを問われても、せいぜい池アウトレット側水面にカフェを作るやイベント広場程度だと思う。そもそもそんな資料3の図にある場所にカフェを作られたら、池に面している住居が丸見えになり、住民生活に大きな不利益となる。一方、協議会に参加している意見の大半がカフェがいいとなると、池に面している住民の意見は少数意見となる。この調整はどうするのか。

A)そのようなことも含めて協議会で調整する。事業としては、完成まで3年を予定しており、来年度の公共事業の県予算獲得にも影響するので急ぎたいところ。

以上









 

 

 

 

 

Windows の メール から送信

 


Friday, January 21, 2022

1月役員会報告&次回2/19地区センターとZOOM

 本日、大相模地区センターにて、1月役員会を開催しました。内容以下のとおり。

1. 3/13予定レイク清掃について

 週末に首都圏でオミクロン株に関する蔓延防止対策が発表され、2/13が一応解除予定ではあるが、これまでの経緯から延長も十分に考えられる。これをかんがみて、3月13日のレイク清掃については、中止とし、前年のとおり、ゴミステーションのメンテナンスキット配布に替える。詳細については、後日、文書にて回覧する。

2. 次年度予算と総会について

 ・本年度会計締め切りは2/28。藤倉氏あて請求のこと。

 ・予算については、イベント開催を前提に来月の役員会にて折衝する。

 ・総会は、4/17(日)10:00-11:30に大相模地区センターにて開催する。昨年同様、集合とZoomの併用。

 ・自治会役員会を3月26日地区センターにて開催し、資料の印刷作業に当てる。

3. 5G活用した自動運転バス実証実験について(別途お知らせ)

 越谷市からお知らせあり。なぜか「回覧」?。1/22から1/29内の5日間にレイクタウン地区内にて実施予定。


4. 防災食料の余部40食分については、本年度は「フードパントリー」に寄付済み。

5. 大相模調節池活用協議会設置説明会開催について

  本日1/22(土)18:30~ 水辺のまちづくり館にて開催予定の旨、越谷市観光協会からお知らせがあった。当自治会から、紺野、中村、青木各氏が参加する。その他、参加希望の方は直接会場まで。

  説明内容については、大相模調節池の観光活用に関する協議会設置に関することの様子だが、内容については会場にて。

6. 環境美化活動報告

  ・越谷市公園緑地課に以下3点を依頼、環境改善をはかったことについて報告した。

  ①池周辺西側壁の柵に伸びているつたの撤去

  ②池周回道路わきにあるドライバーの視界を遮っている樹木の伐採

  ③第2公園砂場の柵扉への開放について注意看板設置

7.次回、次々回役員会

 2/19()9時:大相模地区センターwith  ZOOM

               次年度予算折衝。総会議事内容審議。

 3/26()9時:大相模地区センター(総会資料印刷)

 ※今般リモート会議アプリでTeamsを施行したが、アクセスがうまく行かなかったテント60分制限があるため、次回から広く使われているZoomに戻す。





 




Friday, January 14, 2022

1月役員会1/22地区センターとリモート

 1月役員会を下記のとおり実施しますので、役員の方参加希望の方はご都合の良い方でご参加ください。

1.集合参加の場合

 令和4年1月22日(土)10時から 大相模地区センターにて

2.リモート参加の場合

 前回までZoomでしたが、今回はリモートツールとしてTeamsを試行します。

 下記リンクをクリック。もしくはブラウザにコピペで参加願います。

https://teams.live.com/meet/95151998982580&sa=D&source=calendar&usd=2&usg=AOvVaw0-CXQ4lwW-aeDsCBBrXB8k

Monday, January 10, 2022

防犯情報(地域の事件発生マップ)

埼玉県警のホームページで「事件事故発生マップ」を見ることができます。

自治会エリアの自動車盗難や車上ねらいの発生状況などがわかります。

交通事故の多発地点なども確認できます。

身辺の警護と安全確保のため、ご家族みなさんでお役立てください。

https://webmap.police.pref.saitama.lg.jp/machikado/webmap/index.jsp?lon=139.79677815082644&lat=35.88750524328859&scale=10000


Saturday, January 1, 2022

2022 恭賀新年

  令和4年 あけましておめでとうございます

  昨年はワクチン接種が国民2回行き渡ったとはいえ、デルタ株やオミクロン株といった新タイプが発生してまだまだコロナ禍が続いており、自治会は10周年の節目ではありましたが、イベントも自粛したままでした。

  本年こそは、様子を見ながら活動を再開していきたいと考えています。

      みなさまにとって2022年が良い年でありますように。

  God speed New year!




Wednesday, December 29, 2021

越谷フードパントリーに寄贈

  先般、北自治会の防災備蓄食料のローリングストックに伴い、希望する会員の皆様に消費期限間近分の食料を配布させていただいたところ、40セットが残りました。

 本件については、12月12日(日)に「越谷フードパントリー越谷市場」様に寄贈させていただきましたので報告いたします。

 同会は生活困窮者向けに食料品や日用品を定期的に無料配布している有志からなるボランティア団体で、3つの会場に分けられています。市内で330世帯に無料配布しており、そのうち、越谷市場管轄配布は130世帯となっています。今回は、フードロス(もったいない)の観点で寄付が妥当であるとの判断、役員と既知であったこと、活動について偏りがなく中立性が保たれていること、事務所が近くであること、対象者が広く、確実に支援が届く有効な機能を有していることを考慮して、同団体への協力といたしました。

 同団体への寄贈者は主に企業や団体ですが、個人からでも可能です。食料品以外に、学校制服、学用品、子供洋服、靴、家電品、絵本、おもちゃ、文房具、ベビー用品、洗剤や紙類など生活消耗品の寄贈が可能で、回収も団体の方に取りに来ていただけます。会員各位に寄贈可能なものがあれば、ぜひご協力お願いします。

 連絡先は「越谷フードパントリー」にて検索願います。


















 

Saturday, December 11, 2021

下期連絡協議会開催報告&次回1/22 with MS Teams

 本日、大相模地区センターにて、10時から11時30分に下記のとおり12月役員会と各班長様にお集まりいただき下期連絡協議会を実施しました。

1.連絡事項

①10周年記念Tシャツ、マスク配布御礼。

②備蓄食料配布結果。フードロス観点から、要望ある関係団体に配布予定の説明。

2.下期イベントについて

①レイク清掃 3/13(日)開催予定。コロナの具合による。

②初日の出イベント 従来のとおり本年は炊き出しモノの配布できない。要望があればお菓子と飲みモノ程度の配布か。あまり要望がない場合、ムリムリやらなくてもよいのでは。

③総会日程(仮) 4/17(日)10時から大相模地区センター

3.自治会ホームページ更新 どなたかご協力いただける方を募集する。

4.北自治会内サークル活動支援補助金創設案について

 ・自治会は親睦団体としての性格もあり、積極的な親睦を図る活動に助成してもいいのではないか。

 ・現在、北自治会のクレジットで大会に参加している自主的サークルの大会参加費は全て自腹で賄っている。これらを認めてもいいのではないか。

 ・自主的サークルの要件が問題となる。住民のサークルであっても必ずしも会員と限らないし、近隣の人も参加して活動している場合をどう整理するか。

 ・今まで、自腹で活動していたサークルに助成があるとありがたい。ある程度枠組みを決めておく必要がある。

 ・本件は、引き続き議論する必要がある。

5.その他

 ・本日の集計。会員世帯218×2500円=545,000円

 ・選挙投票所増設予定について。レイクタウン内の投票所は、今のところ、水辺のまちづくり館のみで、選挙者人数14765人。前回の衆議院選挙では、投票所に入るのに雨の中一時間待ちとなり、大変な苦情となった。待ちきれなかったり体調の関係で投票を諦める方もいた。民主主義の根幹をなす選挙について、投票できないという状況は問題があるものの、投票所は当日臨時で増やせるものではない。上記の反省を踏まえて、次回から水辺のまちづくり館に加えて、南地区に一箇所増設する予定。現段階では南高校が候補となっている。この対応により、対象となる選挙者人数はほぼ半々となる。

6.次回

 1/22(土)9時から 大相模地区センターwith  Teams

   ※zoomは時間制限があり、途切れることから、teamsを試行的に導入します。