Thursday, September 23, 2021

次回役員会10/23(土)9時~地区センター&ZOOM

次回役員会は、下記の通り実施いたしますので、役員の方はご参集ください。オブザーバー及びゲスト参加も可能です。

1.日時 10月23日(土)9時~

2.場所 大相模地区センター及びZOOM

3.議題 下期連絡協議会日程、集金、下期主催イベント、最近の懸案、など

4.ZOOM参加については、下記リンクもしくは下記パスコードにて参加のこと。

 9時からの開場となります。

 Zoomミーティングに参加する

https://us04web.zoom.us/j/73487154108?pwd=NzdROVNJR1Y2TTBDTEdLc3hIYzRrQT09

ミーティングID: 734 8715 4108
パスコード: H3hJW6

Saturday, September 11, 2021

【募集終了】10月31日市長選立会人(1名)

※本件募集終了しました。  

10月31日(日)越谷市長選挙の投開票が予定されています。

 当自治会エリアの投票所は、水辺のまちづくり館となっています。

 恒例ではありますが、選挙の投票所の立会人推薦のお知らせが参りましたので、やってみたい方は是非最寄りの役員か当メールアドレスあてお知らせください。公務に準じた日当が支払われます。一度やった経験のある方でも可能です。業務は、朝8時から夜8時(予定)の交代制となっており、立会中は建物からの外出は禁止となります。

 先着にて推薦候補とさせていただきます。

9月役員会と備蓄食料配布報告&次回未定

 本日9月12日(日)9時から11時半に、湖畔の森公園駐車場にて9月役員会と備蓄食料配布を以下のとおり実施しました。

1.備蓄食料配布について

 先般のお知らせのとおり9時から、来年3月で賞味期限となる備蓄食料のローリングストック分について希望世帯先着100世帯(200食)に配布予定としていました。

 結果としては、配布120食、水辺のまちづくり館10食、旧中村家住宅10食に配布しました。

 残り60食につきましては、フードロス防止の趣旨から廃棄することなく、レイク関係機関への当自治会の災害対策活動事例紹介の機会などを活かし、有効活用させていただきます。




2.本年分アクセスディンギー体験会並びに餅つき大会の開催について

 コロナ禍による緊急事態宣言が続く中、決行する理由も無いことから、共に中止とします。

3.10周年記念マスク&Tシャツ配布について

   各班長さまのご尽力により、概ね先週末くらいに配布した。まだ一部届いていない世帯もあるが、近日中に配布される予定。


4.Lake&Peace2021(以下「LP」)実施説明について

 同事業実行委員会の藤田様(レイクタウン在住)にお越しいただき、本年の実施について次のとおり説明がありました。

①本年で3回目の実施。本年は10月2日(土)~3日(日)にレイク南側の中央広場から水辺のまちづくり館にて実施する。

②コンテンツは、マルシェ、デイキャンプ、ナイトシアター、有志パフォーマンスなど。

③火気は使用せず、アルコール提供なし。実行委員会に医師もいることから、医師による監修にてコロナ対策をとる。

④主催は㈱まちづくり越谷であるが、特に本事業に関して運営費は支出していない。運営は、ボランティアで集まった実行委員とイオンからの現物、テナント企業の協力などによる。行政の補助金もない。

⑤目的としては、いいまちづくり。レイクで活動する自治会や団体に所属していない方の意見も取り入れる装置として、レイクを有効活用して盛り上げる手段の一つと捉えていただきたい。そのための、行政、自治会、民間企業、市民の意見を寄せ合える場所を目指す。

⑥自治会には、開催のお知らせ通知と横の関係機関へのご連絡、できれば10月2日のキャンプ用品デモンストレーションへの参加をお願いしたい。

 ※当自治会としては、いいまちづくりという志を同じにする立場を前提として、趨勢を見極めた上で協力するか否かを判断したい。

 なお、10月2日の自治会への要請があったタームについては、参加する方向で検討する。




 5.次回予定

会長不在のため、10月役員会の日程については後日調整の上、連絡する。


Saturday, August 28, 2021

9/12清掃中止と備蓄食料配布のお知らせ

  コロナ禍での緊急事態宣言を受け、9月12日に実施予定であった当自治会主催のエリア清掃については中止といたします。

 同日予定しておりました、賞味期限が近づいた防災備蓄食料の配布については、希望者先着100世帯に配布いたしますので、ご希望の方は9/12の9時から10時に湖畔の森公園駐車場の当自治会第一倉庫前にご参集ください。配布物については別添のとおりの箱入となります。





8月役員会報告&次回9/12第一倉庫前

  本日8月28日(土)9時~10時半に第一防災倉庫前にて、8月役員会を開催しました。内容次のとおり。

1.10周年Tシャツとマスクと挨拶状の各班ごとの仕分け。

 ・役員にて各班ごとの世帯分を仕分けして袋にまとめ第2倉庫(第2公園)に蔵置したので、各班長は8.31目安に以下措置されたい。

③8/31目安に、班長は各自第2倉庫まで取りに来て当月分越谷広報と共に持ち帰る。

④各班長は自宅にて、同梱の集計リストを基に、各会員世帯ごとにTシャツとマスクと封筒を仕分けする。

⑤各班長は、仕分けしたものを越谷広報と共に各世帯に届ける。

 ※この点、「班長宅まで取りに来る、班長が届ける、ポストに入らない場合」などの受け取り方法などは各班裁量で。




2.9月12日開催予定のエリア清掃の中止確認。お知らせは別途回覧。

 清掃に併せて賞味期限防災備蓄食料の配布を予定していた。当日先着100世帯に配布のみ実施するので、希望世帯は9時から10時まで第1倉庫前に集合されたい。

3.10月予定のセイリング大会実施については、次回役員会にてコロナ禍制限の状況を見て判断する。現状のような緊急事態宣言の下では難しいか。

4.その他

 ・本年秋ごろから、湖畔の森公園内の駐車場トイレに併設されているホタル飼育部屋にてホタル幼虫生育実証試験を開始する。主催はレイクTEN有志。

 ・F団体によるイベントチラシに「レイクタウン北自治会連合会」なる当自治会と紛らわしい名称が記載されて配布されている件について、当自治会とはなんら関係はなく、同連合会については当自治会は一切関知していない点を確認した。本件について今般特段の抗議はしないが、今回を教訓として今後類推事例の発生にあたって、誤認名称の使用についての注意喚起と当自治体名称の使用については使用承認の手続きを求めていくこととする。

5.次回

 9月12日(日)9時から役員会と備蓄食料配布対応


 


Saturday, July 24, 2021

7月役員会報告&次回8/28第一倉庫前

 本日7月24日(土)9時~11時に大相模地区センターにて7月役員会を開催しました。

内容以下のとおり。

1.10周年記念Tシャツサイズ集計

 ・現221会員世帯中、報告済176。 回収率79.6%

   ・一部まだ、回覧方式でチラシを回している班があり、会員からの報告が無い班がある。

 ・報告の無い班長に確認して、それでも報告がない場合、MとL各1枚の配布とする。

 ・数名だが、「Tシャツの購買」と勘違いしている方がいた。

 ・次回以降、配布文章は5行記載に努める。

 ・今年度の班長が誰かわからず、個人で山川さんに申し込んでくる方がいた。今年の班長が誰かひと目で分かる仕組みが必要かも。例えば、昭和の町内会にあったような「班長プレート」を玄関に掲示するのはどうか。

  →自治会として各家に班長プレートを掲示させることを強制することは出来ない。プレートを作っても掲示徹底することに新たな問題が生じる。また、破損の際の代替も生じる。

班長については、回覧板活用での記載や自治会費徴収などの機会を活用して、当面は各班で工夫していただくことにする。

2.Tシャツマスクの配布手順について

 ①役員は、次回8/28の役員会にて各班ごとに数量を仕分けして袋に入れる。 

 ②役員は、①の袋を第2倉庫に搬入する。

 ③班長は、8/31以降第2倉庫に来て越谷市広報や配布物と共に、袋を持ち帰る。

 ④班長は、申込みリストを参照してTシャツとマスクを各会員世帯ごとに仕分けする。

 ⑤班長は、9月中に、班長は広報や配布物と④を会員に届ける。

3.大相模調節池周りのゴミ問題について

 「越谷レイクタウン散歩」のブログで、当自治会の会員である森さんと服部さん、一丁目の有志の方とによる、大相模調節池(以下「レイク」)のごみ問題についての動画が掲載されている。【参考】越谷レイクタウン散歩 (koshigayalaketown.net) 

【7/26追加】動画 (24) 第1回はっとり正一WEBミーティング 大相模調節池周辺のゴミ調査報告 - YouTube

 当自治会にも関係することでもあり、動画を役員会の参加者で閲覧し意見を述べ合う機会を持った。

【意見】

 ・実際に誰を対象にいつどのような形でこの話し合いの場を持たれたのか疑問。少なくとも我々には開催情報は無かった。第一回を謳っているが、第二回はあるのか。

 ・森さんの毎朝4時~7時のゴミ拾い活動には頭が下がる。

 ・森さんの活動前には、どのようにゴミ問題には対処していたのだろうか。

 →この点、当役員から回答あり。かつて、水辺のまちづくり館では、地域通貨券として「レイク券」を発行していた。レイクの清掃や雑草処理や水辺のまちづくり館主催イベントの参加や何らかの貢献に応じて「レイク券」が与えられ、兌換性はないものの、集めることによって水辺のまちづくり館内の設備である会議室、シャワールームの利用などに活用できた。また、各団体は参加者への参加賞として、団体がもらったレイク券を参加者に配布していた。レイクへの貢献や美観保護に目に見える形で評価できて、施設を使いたいならゴミ拾いすべしというモラル向上にもつながっていた。しかしながら、水辺のまちづくり館の主がURから観光協会に移行した際に事務煩雑を理由に、レイク券制度は無くなり、施設利用も実費となった。それ以降、自主的にゴミ拾いをするものが減少した。このコミュニティの中核となる先進的な制度を無くしたことが問題ではないか。

 ・過去の行政と話し合いの機会の際には、ゴミ拾いは週に何度かシルバー人材センターに依頼してゴミを拾っているとの回答があったが、実際は自転車でレイクを一周走るだけだった。昨日、腕章をつけたシルバーさんが自転車を止めて実際にゴミ拾いしているのを目撃した。やり方が変わったのだと思う。

 ・観光協会の職員がレイクのゴミ拾いしているのを見たことがない。観光として語るのであれば、森さんよりも率先して美観保護をリードすべきではないか。

 ・事例を拝見するに、ゴミの不法投棄にもあたる。包丁など事件性を感じさせるものもある。交番は現状を認識しているのだろうか。車やバイクでのパトロールでは気付けない部分だと思うが、徒歩警らは見たことがないし、お巡りさんがゴミ拾いしているのも見たことがない。住民ではあるが、詰めているお巡りさんの顔も知らないのが残念。

  ・ゴミを散らかしている(いそうな)方への声がけの仕方は非常に参考になる。頭から「ゴミ持ち帰れ」ではトラブルになる。まずは「こんにちは」から始まり、雑談した後、最後に相手に自主的に「ゴミは持ち帰ります」までいくやり方は流石だと思う。

 ・「楽しむ」という意見に賛同した。ゴミ拾い自体、きれいになっていく街、貢献している自分、増えていく仲間、さらにはゴミを介して知らない人に声がけできること、それらを全部楽しむことが重要だと思った。

 ・実は森さん以外にも、犬の散歩時など自主的にゴミ拾いをしている方や団体は存在する。今までの経験から言っても、行政が言うように何でもかんでも「連携」することが、解決策だとは思わないが、彼らの貢献に対して何らかの形で報える制度はないだろうか。

 ・犬の散歩が増えていることは皮膚感として感じる。住民であれば顔見知りであるが、大抵は車に犬を乗せて他所からやってきたりする住民以外の方。越谷市の観光事業政策にレイク地区を核として進めていくのであれば、この点の議論が必要ではないか。 

4.次回について

 ※8月9月は大相模地区センターはワクチン接種会場のため貸し出し不可。

 8/28(土)9時~12時 第一倉庫前

 9/12(日) 自治会エリア清掃&9月役員会

 10月役員会未定

 11月 ディンギー体験会予定